130.jpg
 

設立の目的

技能実習制度及び外国人技能研修制度は、日本の知識や技術を一定期間学び、帰国後、本国の産業や経済発展のために技能習得を図るという目的で導入された制度です。 実際には、劣悪な労働環境下、低賃金で働かされている実情が多発している状況です。

本組合は、外国人の技能等の修得等に関し、技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護を図り、人材育成を通じた開発途上地域等への技能等の移転による国際相互協力を推進し、国際社会と国際産業の健全な発展に寄与することを目的として設立致しました。